クレジットカード現金化を少額で行う方法と注意点

クレジットカード現金化を少額で行う方法と注意点

ちょっとしたことで現金が必要になったときでも、クレジットカードがあれば簡単に現金を入手することが可能です。様々なクレジットカード現金化の方法を紹介しています。

クレジットカード現金化業者を利用すれば、最短即日で現金をゲットすることもできるでしょう。

中には、1,000円〜10,000円という少額での現金化を行いたい人もいると思いますが、少額で現金化を行う場合、どのような違いがあるのでしょうか。

そこで今回はクレジットカードの現金化を少額で行う方法と注意点について解説していきます。

クレジットカード現金化を少額で行う方法

まずは、クレジットカード現金化を少額で行う方法について解説していきます。

基本的な現金化の流れは金額の大小を問わず変わりませんが、少額ならではの違いもあるので詳しく見ていきましょう。

業者を通じて現金化を行う方法

クレジットカード現金化業者を通じて現金化を行う流れを紹介します。

主な手順としては以下のようになります。

  1. 公式サイトから現金化の申し込みを行う
  2. 業者指定の商品をクレジットカード決済で購入する
  3. 指定口座に現金が振り込まれる

基本的な流れはどの業者でもこのようになっています。

即日対応も可能な業者も多くあり、換金率が安定しているというメリットもあります。

自分で現金化を行う方法

クレジットカードの現金化は自分で行うことも可能です。

以下の流れで現金化を行ってください。

  1. 換金できる商品をクレジットカードで購入する
  2. 購入した商品を売却する
  3. 現金を受け取る

商品の購入と売却を自分で行うことで現金化します。

換金しやすい商品の選定や売却先の選定など、自分で行う必要があるため手間がかかるというデメリットがあります。

また、商品によっては換金率が安定しないため、想像よりもコスパが悪くなってしまう可能性があります。

自分で現金化を行う際は、Amazonギフト券やブランド品、スマホなど換金しやすい商品を購入するのがポイントです。

現金化業者の最低依頼金額は?

クレジットカードの現金化を行う方法は上記の2通りありますが、少額での利用となると事情が異なってきます。

現金化業者の場合、依頼できる金額が最低10,000円に設定されていることが多いため、より少額での利用はできないケースが多いです。

10,000〜30,000円程度であれば業者を通じて現金化を行うのがおすすめですが、1,000円単位だと自分で現金化を行うしかなくなってしまうでしょう。

1,000円単位の現金化をしたい場合は?

1,000円単位で現金化をしたい場合は、自分で行う必要があります。

売却時の金額を考慮して商品を購入して、売却することで必要な現金を手に入れることができます。

この場合、Amazonギフト券といった換金率が予想しやすい商品を選ぶのがおすすめです。

Amazonギフト券なら額面を指定して購入できますし、換金率も90%程度と安定しています。

購入も売却もネットで完結するので、手間もそれほどかからないでしょう。

少額でクレジットカード現金化をするメリット

少額でクレジットカードの現金化を行うメリットとしては以下の3点が挙げられます。

  • ショッピング枠が不足する心配がない
  • カード会社に疑われにくい
  • 現金をすぐに受け取れる可能性が高い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ショッピング枠が不足する心配がない

クレジットカードの現金化は余っているショッピング枠の範囲内でしか行えません。

現金が10万円必要だったとしても、ショッピング枠が5万円しか残っていなければ、必要な現金を手に入れることはできないでしょう。

中には、クレジットカードのショッピング枠が低く設定されている人もいるため、そもそも高額の現金化ができないというケースも存在します。

少額での利用であれば、ショッピング枠が不足する可能性も低いですし、ショッピング枠の余りを使って現金化をすることもできます。

ショッピング枠についてあまり気を遣わなくてもよいというのが、少額での現金化のメリットです。

カード会社に疑われにくい

クレジットカードの現金化を行う場合、カード会社に把握して利用停止となってしまうリスクが考えられます。

現金化はカード会社の規約違反に該当するため、利用する際は慎重に行う必要があるでしょう。

特に、一度にまとめて高額な商品を購入した履歴が残っていると、カード会社に怪しまれやすくなってしまいます。

カード会社から利用に関する確認の連絡が来た際に、うまく答えられないと利用停止になってしまうかもしれません。

ただ、少額の利用であれば、通常の利用の範囲内とみなされる可能性が高いため、カード会社に疑われるリスクを低く抑えられます。

初めてクレジットカードの現金化を行う人で、こういったリスクに不安を抱えているのであれば、まず最初は少額での現金化を試してみるのがおすすめです。

現金をすぐに受け取れる可能性が高い

クレジットカード現金化を業者を利用する場合、多くの業者で即日振込に対応しているものの、金額が大きくなるほど時間がかかりやすくなってしまいます。

高額の現金化になるほど、カード会社に発覚するリスクも高まるため、より慎重に行う必要があるというのが主な理由です。

少額の利用であれば、怪しまれる可能性も低いため、すぐに対応してもらえる可能性が高いです。

即日どころか申し込みから数十分での入金も可能になるため、今すぐ現金が必要な方にもおすすめです。

少額で現金化を行う場合の注意点

少額でクレジットカードの現金化を行う際の注意点は以下の5点です。

  • 換金率が低くなりやすい
  • キャッシングの方がコスパが高い可能性もある
  • カード停止リスクがゼロになるわけではない
  • 10,000円以下だと業者を通じた現金化ができない
  • 短期間で繰り返し利用するなら1回にまとめた方がお得

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

換金率が低くなりやすい

少額での現金化では、換金率が低くなりやすい傾向にあります。

クレジットカード現金化業者でも、利用金額ごとに換金率が設定されており、少額だと低い換金率が適用されてしまいます。

高額での利用だと換金率95%以上も可能なのに対して、少額利用だと90~92%程度に落ち込んでしまうでしょう。

また、自分で現金化を行う場合も、換金率が低くなりやすくなってしまいます。

買取業者の場合、まとめ売りの方が査定額が高くなる傾向にもありますし、ギフト券の買取においても高額の方が換金率が高くなります。

換金率が低いと現金は手に入っても、コスパがかなり悪くなってしまうため注意が必要です。

キャッシングの方がコスパが高い可能性もある

現金化の換金率が著しく低い場合、その他の方法で現金を手に入れた方がお得になる可能性が出てきます。

例えば、クレジットカードのキャッシング機能では、金利15%として1ヶ月間借りた場合の実質的な換金率は約98%です。

キャッシングの場合、利用には審査が必要ですが、現金の入手はATMなどを通じて行うため手間もそこまでかかりません。

利用する金額や利用までのハードルなど、さまざまな観点から考えて、よりコスパの良い選択をした上で現金化をしてみましょう。

カード停止リスクがゼロになるわけではない

少額での現金化はカード会社に発覚するリスクが低いといえるものの、可能性はゼロではありません。

当然ながら、少額でもカード会社に発覚して利用停止となるリスクは生じます。

金額の大小にかかわらず現金化を行った時点で、カード会社の規約違反になってしまうため利用停止や強制退会は避けられません。

クレジットカードを強制退会させられた場合、信用情報に傷がつき、カードやローンの審査に通りにくくなってしまうため注意が必要です。

10,000円以下だと業者を通じた現金化ができない

クレジットカード現金化業者の最低利用金額は10,000円からとなっているため、少額での現金化では業者を通じた現金化ができない可能性が高いです。

そのため、自力で現金化をするしかなくなってしまいます。

商品の選定や売却に慣れていないと、換金率を下げてしまう可能性も高いですし、手間もかかるなどデメリットが目立ちます。

短期間で繰り返し利用するなら1回にまとめた方がお得

短期間で繰り返し現金化を行っていると、カード会社に怪しまれるリスクが高くなってしまいます。

特に、「新幹線の回数券を連続で購入した」「Amazonギフト券を繰り返し購入した」など、利用明細に不自然な履歴が残ってしまうため、カードの利用停止リスクが生じます。

そのため、少額の現金化を短期間で繰り返し行うぐらいなら、1回にまとめて現金化した方がリスクは低く抑えられます。

短期間に連続して現金化を行うと、リスクを高めてしまうので注意してください。

まとめ

クレジットカードの現金化を少額で行う方法や注意点について解説しました。

業者を通じて現金化する場合、1,000円単位での現金化はできず、利用は10,000円からとなっているため注意が必要です。

1,000円単位の少額での現金化を自力でする場合は、商品の選定や換金率、売却時に残る金額などを考慮して行ってください。

また、たとえ金額が低くても現金化はカード会社の規約違反にあたる行為なので、利用する場合は慎重に行う必要があります。

短期間で連続して現金化を行うなど、利用停止リスクを高めるような行為は控えて、確実に現金を手に入れられるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です