【クレジットカード現金化の流れ】利用方法・お手続き・注意点をわかりやすく解説

クレカ現金化の流れ・手順・利用方法のアイキャッチ画像

急な資金の必要なのでお金を直ぐに得たい場合、いろいろな金策を行うことになります。いろいろな金策の中ではクレジットカードの現金化もその1つです。

クレジットカードの現金化は直ぐにお金に変えることが可能なので、現金化を考えるかもしれませんが、利用するときは手続きの方法や注意点を理解しておくことが大事です。クレジットカード現金化の方法を理解しておきましょう。

知識もないままクレジットカードの現金化を行うと、後悔する結果になることがあります。クレジットカードの現金化を行うときに、どのような点を理解しておくことができるのか紹介しましょう。

【前提として】現金化を利用する前に確認しておくべきこと3選

  • 1.自分名義のクレジットカードを持っておくこと
  • 2.ショッピング枠の残高があること
  • 3.本人確認の提示

それぞれの内容について詳しく紹介していきましょう。

自分名義のクレジットカードを持っていないと利用できない

クレジットカードカードの現金化を行うときは、自分名義のクレジットカードを持っておくことが大事です。

クレジットカードはその人に財力があることを示す1つの証明なので、名義人の力が強くなります。

ただ、学生や主婦の人などは家族カードとして父親や配偶者がクレジットカードの名義人になっている場合もあるでしょう。

もし、クレジットカードの名義人が自分以外の家族や他人名義であれば、業者を利用して現金化するときに敬遠されることが多いです。

理由としては家族や他人名義では現金化したときにカード名義人に現金化がバレてトラブルになりやすいからです。もし、家族カードしか持っていないなら、自分で現金化をするようにしましょう。

ショッピング枠の残高がないと利用できない

クレジットカードの現金化を行うときはショッピング枠を使用するため、ショッピング枠の残高がないと利用できません。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、こキャッシング枠はお金をカード会社から直接借りるための枠です。

一方ショッピング枠は買い物で商品を購入するときのみお金を借りることのできる枠であり、制限内容に違いがあります。

ショッピング枠の残高はカード会社に連絡すること、またサイトのマイページにログインすることで確認できます。利用する前に残高の確認を行いましょう。

本人確認の提示をしないと利用できない

クレジットカードの現金化を業者を利用して行うなら、本人確認の提示が求められます。業者は現金化による詐欺などのトラブルを防ぐために本人確認は必ず行っており、この手順を現金化前に行う業者は優良店です。

本人確認は身分証明書として免許証などで問題ありません。免許証がないなら保険証など信用情報を確認できるものであれば写真不要なので、現金化を行うときは身分証明のできる物を持参してきましょう。

現金化を行うときには自分名義のクレジットカード、ショッピング枠の残高確認、身分証明書の持参が大事。業者を利用して現金化するときは覚えておこう。
 

クレジットカード現金化の基本的な流れ・仕組み

前提として、クレジットカードの現金化を行う方法は2つあります。

自分で行う方法

業者を使う方法

※業者を使って現金化を行う場合は、以下2つの方法があります。

①商品買取
②キャッシュバック

各ステップによって注意点やポイントもあるため、各ステップについてさらに詳しく紹介していきましょう。

【業者使わずに自分で現金化する場合】手順~ 現金が届くまでの流れ

STEP.1
カード決済で商品購入

自分で現金化を行うときは、電化製品やバッグ、靴、金券などクレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入します。クレジットカードを使って通常通りお買い物するイメージです。

STEP.2
商品を換金

クレジットカードで購入した商品を換金します。
換金するためには業者に売却する必要があり、質屋などの買取業者で買取してもらうことができます。

STEP.3
現金化完了

商品を換金できれば現金化は完了です。
自分で現金化はとても気軽で早く行うことができます。

STEP.4
返済

ショッピング枠で利用した金額は期日までに返済する必要があります。
返済計画もしっかり考えて利用金額を考えましょう。

自分で現金化はとにかく早く現金化が行えるのがポイント。ただ、購入する商品や現金化するお店などの目利きが大事になります。

【現金化業者を使う場合】申込み手順~ 現金が届くまでの流れ

商品買い取式の流れ

STEP.1
現金化業者を決める

現金化業者にはいろいろな特徴があります。
例えば、即日現金振込や還元率が90%、運営が10年以上など。
現金化業者を決めるときは自分の条件に合う特徴を選びながら、優良業者を見極めて選ぶ必要があります。

高額な還元率の提示や本人確認をしない業者などは怪しいので、おいしい話に惑わされず業者を決めましょう。

STEP.2
現金化業者へ申し込み

現金化業者を決めることができれば申込を行います。

必要な個人情報は、

  • 名前
  • 電話番号

です。

来店するときは名前と電話番号を用意しておきましょう。
  

STEP.3
本人確認と電話確認

利用業者に申込を行うときは本人確認を行うことになります。来店して本人確認を行うときは身分証明書の提示が求められるので保険証や免許証を持参しておきましょう。また、同時に電話確認を行って本人確認を行います。

電番番号と身分証明書は必要なので、忘れずに持っておきましょう。

STEP.4
クレジットカードで商品を購入

本人確認が終わればクレジットカードで商品購入を行います。指定された商品の中から換金金額に相当する商品を選びます。

現金化業者は商品を購入して送り返さなければ、取引が成立しません。

STEP.5
現金化業者が入金を確認

現金化業者に商品を送り返すと購入した分の還元率により、指定された口座に入金が行われます。

STEP.6
現金化

入金されたことを確認できれば現金化は無事完了です。現金化による金額は業者の還元率によって違うので、満額で入金されているわけではありません。

STEP.7
カード会社へ返済

現金化したお金は期日が来ればカード会社へ返済する必要があります。現金化はお金をもらったわけではないので、期日までに返済しないとカードの利用停止や強制退会などの措置を取られます。

返済の計画も合わせてしておきましょう。

現金化業者に利用するときは本人確認や商品購入など手間を感じるかもしれません。しかし、現金化は安全に行えるので、業者利用がおすすめです。

キャッシュバック式の流れ

STEP.1
業者にアクセス

まずは現金化の公式サイトにアクセスして申込みフォームをクリックしましょう。現金化業者はたくさんあるので、自分の条件に合う業者を選びます。選んだ業者ので公式サイトにアクセスして申込フォームから情報を入力していきます。

STEP.2
本人確認や申込内容の確認

公式サイトの申し込みフォームに自分の名前やメールアドレスなどの情報を入力すると、業者から折り返しの電話がきます。本人確認の提示方法や現金化の申込みの確認、手順を説明してくれるので、聞いた通りの手順で進めていきましょう。

STEP.3
商品を購入

無事に本人確認を終えることができれば、指定されたサイトで商品を選びクレジットカードで購入します。

STEP.4
入金

クレジットカードで商品購入を終えたなら、業者に連絡します。業者側がクレジットカードの決済を確認した後、指定した口座に現金を振込してもらうことができます。

STEP.5
商品を受け取る

購入した商品が届くので、商品を受け取り保管しておくようにしましょう。これで現金化は完了となります。

STEP.6
カード会社に返済

カード会社に返済する必要があるので、返済計画を立てて期日までに返金ができるようにお金を準備しましょう。クレジットカードの支払いが終わるまで購入した商品もしっかり保管しておく必要があります。商品は捨てないようにしておきましょう。

キャッシュバック式は手間がかからず10分程度で現金化を終えること可能ですよ。ただ、ネットからなので悪徳業者が潜んでいる可能性もあるので、優良業者を見極めることがポイントです。

「業者を使う」のと「自分で現金化」するのはどっちが安全?

業者と自分で現金化を行うことができますが、安全に現金化するためには自分の特徴を知っておくことが大事です。それぞれ特徴を挙げてみましょう。

業者を使って現金化したほうがいい人の特徴

  • 現金化のやり方が分からない人
  • ショッピング枠の利用相場が分からない人
  • 何を購入して換金すればいいのか分からない人

現金化についての知識が乏しい人や確実に現金化を成功させたい人は業者を利用した方が安全です。現金化はリスクも伴うため、リスクを抑えて現金化したいなら業者を利用しましょう。

自分で現金化しても安全な人の特徴

  • 現金化を利用するときの利用金額が分かっている人
  • どんな商品を購入すればいいのか分かる人
  • 返済計画を立てることができる人

自分で返済計画や利用金額、購入する商品などが分かっている人はカード会社から怪しまれる可能性は低くいです。現金化の注意点を知って計画できる人は自分で現金化をしても問題は少ないでしょう。
クレジットカード現金化何のため クレジットカード現金化は何のため?どんなときに使うサービスなのか利用事例を紹介

クレジットカード現金化の手続きについてよくある疑問

現金化利用時に審査はある?

審査は基本的にない

個人情報が流通してしまう可能性もあるため、優良店では審査はないです。利用カードが本人のものか、ショッピング枠は残っているかの確認はあります。

現金化の手続き後、職場へ在籍確認の連絡はこない?

ありません

現金化の際に仕事情報などを記載することはないので、職場への連絡などはありません。

本人確認が不要な場合もある?

本人確認は必須です。

現金化の際は詐欺やトラブルを避けるため、業者の利用の際は本人確認を行う必要があります。

現金化の手続きで必要な書類は?

身分証明書のみです。

現金化では本人確認が必要なので、身分証明書が必要になります。免許証やパスポートなどを準備しましょう。

決算方法は一括と分割を選べる?

選べます。

支払い方法選べますが、現金化した後にカード会社に返済するときは、できれば一括で支払うとトラブル防止につながります。設定によって変更も可能です。

キャッシング枠を使いきっても現金化できる?

現金化はショッピング枠を利用します。

キャッシング枠を使い切ってもショッピング枠の残金があれば現金化できます。

【まとめ】現金化はリスクがあるけど注意点をしっかり守れば安心!

現金化は困ったときに利用できますが、使いすぎると後で返済するときの負担が大きくなります。

現金化はお金を返済することが求められるので、しっかり返済期日を守れるように計画して、目処が立ちにくいなら利用しないようにしましょう。

しっかり計画をすれば現金化も安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です