クレジットカード現金化の方法まとめ

クレジットカード現金化の方法

急な出費や支払いで現金が必要になる場面になった際、肝心なときに限って現金が足りないというケースがしばしばありますよね。

どうしても「現金」が必要という場合には、クレジットカード現金化するというのが効果的です。

しかし、「そもそもクレジットカードの現金化って何?」「どうやってやるの?」「リスクはある?」など疑問も多く浮かびますよね。

そこで今回はクレジットカード現金化の方法や失敗をしないための確認事項などについて詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化は何のため

クレジットカードの現金化とは「クレジットカードのショッピング枠を現金に換金する方法」を意味します。

本来カード払いでしか利用できないショッピング枠を現金に換えることで、現金を調達することができます。

では、なぜ「クレジットカードの現金化」が必要なのでしょうか。

最近では、キャッシュレス決済が普及しているものの、生活の中で現金が必要な場面はたくさんあります。

結婚式のご祝儀や現金払いしかできないお店でのお買い物、医療費の支払い、家の設備の修理やメンテナンス費用など、今もなお現金が必要な場面は多々見られるでしょう。

急に現金が必要になる場面も珍しくなく、「現金が足りない」という状況に陥った場合にクレジットカードの現金化が役立ちます。

カードローンのような審査に通過する必要もありませんし、現金化業者に依頼すれば即日で現金が振り込まれるスピード感も魅力です。
クレジットカード現金化何のため クレジットカード現金化は何のため?どんなときに使うサービスなのか利用事例を紹介

クレジットカード現金化の仕組み

では、クレジットカードの現金化がどのような仕組みで行われているのか理解していきましょう。

クレジットカードの現金化には主に「自分でやる」「業者に依頼する」という2つの方法に分けられます。

仕組みとしては、どちらにおいても同じで基本的には「クレジットカードで商品を購入して、売却することで現金を手に入れる」という形になります。

自分で行う場合には、ゲームや家電、ギフト券など売れやすい商品を購入→売却するという形で行い、業者を通じて行う場合には、業者が販売する商品を形式上購入して、その後、買い取ってもらうことで現金を入手します。
クレジットカード現金化の仕組みの画像 クレジットーカード現金化の仕組みとは?現金を手にする方法を解説

クレジットカード現金化の流れ

クレジットカードの現金化の具体的な流れについて解説します。

「自分で行う」方法と「業者に依頼する」方法の2つを詳しく見ていきましょう。

自分で現金化する方法

自分でクレジットカードの現金化を行う方法は以下の流れになります。

STEP.1
新品の商品(ゲームや家電、ギフト券)などをクレジットカードで購入する
STEP.2
中古ショップやギフト券買取業者に商品を買い取ってもらう
STEP.3
現金が手に入る
自分で商品の購入や買取の依頼を全て行う必要があるため手間がかかってしまいますが、Amazonギフト券など換金率の高い商品もあります。

業者に依頼して現金化する方法

現金化業者に依頼する際は、以下のような流れになります。

STEP.1
クレジットカード現金化業者に申し込みを行う
STEP.2
業者指定の商品を購入し、その後、買い取ってもらう
STEP.3
現金が手に入る
実物の商品を購入するわけではないため、申し込みから現金化まで短い時間で行うことができます。

換金率も安定していますし、今すぐに現金が必要な方におすすめです。
クレカ現金化の流れ・手順・利用方法のアイキャッチ画像 【クレジットカード現金化の流れ】利用方法・お手続き・注意点をわかりやすく解説

クレジットカード現金化の失敗

現金化までのスピード感や換金率の安定感から、クレジットカードの現金化を行う際は業者に依頼するのがおすすめです。

しかし、ネット上には何十社もの現金化業者があり、中には詐欺行為をする悪質な業者も存在します

クレジットカードで商品を購入後、現金が振り込まれず連絡が取れなくなったというトラブル事例も見られます。

こういった失敗をしないためには「現金化業者がちゃんとした会社かどうか」をチェックしてください。

具体的には以下のチェックポイントが挙げられます。

会社情報や運営年数:長いほど信用できる
会社の住所:まともなオフィスを構えている。レンタルオフィスではない
連絡先:固定電話/フリーダイヤルになっている
悪質な業者の場合、こういったポイントをチェックすると会社としての存在が怪しまれる項目がいくつか見つかります。

現金化業者に依頼する際は、最低限上記のポイントを確認して、失敗を避けるようにしましょう。
クレジットカード現金化失敗 クレジットカード現金化で失敗したくない!覚えておきたい2つの対策

クレジットカード現金化を疑われたら?

クレジットカードの現金化はカード会社の利用規約に違反する行為でもあるため、カード会社に発覚するとカードの利用停止や強制退会などのリスクが生じます。

カード会社はセキュリティ上の観点から不自然な決済があった場合に、確認の電話などが行われるケースもあります。

「同じ商品をいくつも同時に購入する」など、現金化の中でカード会社に疑われる可能性もあるでしょう。

もしカード会社に現金化を疑われた場合には、冷静に対処しなければなりません。

まず、カード会社から連絡がきた場合には、必ず対応し、無視しないようにしてください。

そして、不自然な決済を指摘された場合には、現金化目的であることを絶対に言わず「友人へのプレゼント」など、自然な理由を言ってください。

もちろん理由については、購入した商品の種類に応じて決めるのが賢明です。

そして、一度カード会社から現金化の疑いがかけられた場合には、しばらくの間現金化を控えるようにしてください。
現金化疑われた クレジットーカード現金化が疑われた時の対処法!

クレジットカード現金化の口コミ

クレジットカードの現金化について仕組みや流れ、失敗を避けるためのチェックポイントなどを解説しました。

しかし、初めてクレジットカードの現金化を行う人にとっては、どんな業者に依頼すればいいか見当がつきにくいですよね。

そこで重要となるのが「口コミ」です。

現金化業者に依頼した人の「口コミ」や現金化をしてみた体験談を参考にして、その業者が信頼できるかどうか、どういった流れで現金化を行うのかなどを把握してみましょう。

現金化に関する口コミや体験談はこちらの記事からチェックできます。

クレジットカード現金化口コミ クレジットカード現金化の口コミは信用できる?体験談や知恵袋も調査してみた!

利用者のリアルな声を見ながら、クレジットカード現金化に関する疑問や不安を取り除いた上で利用してみてください!

クレジットカード現金化は違法なの?

現金を調達する手段として、一般的に知られているのが消費者金融です。それに加えて、最近では審査がなく手軽に利用できる、クレジットカード現金化が注目を集めています。

クレジットカード現金化は借金ではなく、違法性もありません。業者は古物商の許可を得て運営を行っているので、法律的な問題が生じることはありません。

しかし、グレーゾーンとして取り扱われているのも事実です。これは利用する際に適用される換金率が、実質的な貸金業者と変わらないという考えからです。

クレジットカード会社ではこの問題に対応するため、規約で現金を禁止していることがほとんどです。現金化の事実が明らかになってしまうと、一括返済を求められることもあります。場合によっては、カードが利用停止になったり強制解約されることもあります。
クレジットカード現金化は違法なの?リスクはあるが違法ではない? クレジットカード現金化は違法なの?リスクはあるが違法ではないの?解説します!

クレジットカード現金化を業者使わないで自分で現金化する方法

すぐに現金が必要な時には、スマホやパソコンから申し込める現金化業者が便利です。しかし、業者を利用する以外にも、自分で現金化する方法もあります。

クレジットカードで商品を購入して、自分で買取ショップに持ち込むことも可能です。物によっては高い換金率で買取ってもらえるので、現金が不足している時には助かります。買取ショップによって得意としている商品は異なるので、下調べしてから来店すると良いです。

また、オークションやフリマを利用して、現金化することも有効です。商品説明を書かなければならず、登録までには時間がかかってしまいます。その反面で、自分で価格設定ができて、希望どおりの現金を入手できるメリットがあります。
クレジットカード現金化を業者使わないで自分で現金化する方法 クレジットカード現金化を自分でする方法

換金率の高い商品!ゲーム?家電?商品券?現金化するならどの商品がお得?

現金を必要としている立場からすると、少しでも高い換金率で買取ってもらいたいものです。換金率は商品の種類によって異なりますが、「商品券」「ゲーム機」「家電」は一般的に高換金率です。

買取店舗によっても換金率が違いますが、商品券なら90%〜98%になります。幅広い金額の商品券があるので、利用価値は高いです。ネット購入を利用した場合には、配送料が必要になることもあるので、その分だけは差し引かれることになります。

ゲーム機や家電の換金率は幅が広く、40%〜80%ぐらいです。人気のある商品や最新モデルなどは、高い換金率で取り引きされます。。

また、市場に出回っていない商品はプレミアがついて、定価よりも高い価値になることもあります。
換金率の高い商品リストアイキャッチ画像 換金率の高い商品リスト|ゲーム?家電?商品券?現金化するならどの商品がお得?

クレジットカード現金化の換金率について!換金の基礎知識とコツを伝授

ゲーム機や家電は高い換金率で取り引きされますが、それなりの購入代金になります。ここで注意しなければならないのが、クレジットカード会社の存在です。

クレジットカード会社は規約で禁止している現金化に対して、警戒心を持っています。今までの購入実績からみて不自然な買い物は、現金化の利用を疑われます。

短期間のうちに大量のブランド品を購入したり、何度も同じゲーム機を買っているとマークされます。場合によっては電話連絡が入って、現金化の利用を尋ねられる危険もあります。

高換金率の商品を購入する際には、少なくても2週間程度は間隔を空ける必要があります。また、同じ商品ばかりを購入するのではなく、種類を変えることも大切です。
クレジットカード現金化の換金率とは? クレジット現金化の換金率について!換金の基礎知識とコツを伝授

クレジットカード現金化をすると債務整できなくなるって本当?

クレジットカード現金化を利用したあとは、カード会社に購入代金を返済しなければいけません。何らかの事情で返済不能になった時には、債務整理することで法的救済が受けられます。

ただし、クレジットカード現金化はカード会社の規約で禁止されているうえに、法的にもグレーゾーンとして捉えられています。債務整理のなかでも自己破産の場合には、裁判官の決定が必要です。

1回目の自己破産であれば、原因がギャンブルなどの浪費であっても認められます。しかし、現金化を利用したことが明らかになると、裁判官への印象は非常に悪くなります。

このことは、個人再生や任意整理においても同様です。現金化によって債務整理できないとは言い切れませんが、裁判官をはじめとして印象は悪くなります。

クレジットカード現金化をすると債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)できなくなるって本当? クレジットカード現金化をすると債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)できなくなるって本当!?

クレジットカード現金化を少額で行う方法と注意点

借金するほど高額な現金は必要ないが、ほんの少しだけ足りないことがあります。クレジットカード現金業者のなかには、最低利用額を1,000円にしているところもあります。

ショッピング枠に余裕がなくても利用できますし、現金化を疑われる危険性も少なくて済みます。クレジットカード会社への返済も1回で済むので、気楽に利用できるメリットがあります。

しかし、注意しなければならないのが、繰り返しの利用です。いくら少額の買い物とはいえ、クレジットカードを頻繁に利用することは怪しまれます。

また、少額の利用だからといって、適当な現金化業者に依頼するのも危険です。個人情報が流出する危険があるので、必ず優良な業者を選ばなければいけません。
クレジットカード現金化を少額で行う方法と注意点 クレジットカード現金化を少額で行う方法と注意点

小切手を現金化する方法!手数料・日数・期限・本人確認を解説

小切手を現金化するためには、小切手の種類を確認する必要があります。なぜなら、一見同じに見える小切手であっても3種類に分けられるからです。

小切手を発行している銀行支店へ直接持ち込み現金化する小切手は、持参人小切手と呼ばれるタイプであって振出日から10日以内に記載された銀行の指定された支店へ出向いて本人確認書類と印鑑さえあればその場で現金を受け取れます。

一方、線引小切手や特定線引小切手に関しては、該当銀行に預金口座が必要かどうかで分けられるので、支払呈示期間内にまずは小切手を持ち込み手続きを行わなければなりません。

支払先銀行口座番号と本人確認書類に加えて印鑑が必要となり、手続き完了から3営業日後に指定した銀行口座へ現金が振り込まれます。
小切手を現金化する方法!手数料・日数・期限・本人確認を解説 小切手を現金化する方法!手数料・日数・期限・本人確認を解説

モバイルSuicaを現金化する方法!払い戻しや返品について解説!

モバイルSuicaを現金化する方法は、購入した商品を返品して現金で受け取る方法と、モバイルSuicaそのものを解約して返金してもらう方法があります。

何度でも繰り返し行える返品によるモバイルSuicaの現金化は、Suicaで購入可能な店舗を探して商品を購入してから時間を置いてレシートと購入商品を持参して返品を希望します。

モバイルSuicaで購入した商品に対して店頭の決済端末は支払いしかできないので、返品処理の結果として現金で返金を行うわけです。

一方、モバイルSuicaの解約はモバイルSuicaメニューから退会解約を選んで手続きを行うと、Suica残高から220円を手数料として控除した金額が指定した銀行口座へ後日振り込まれるという仕組みです。
モバイルSuicaを現金化する方法!払い戻しや返品について解説! モバイルSuicaを現金化する方法!払い戻しや返品について解説!

後払い(ツケ払い)で現金化する方法

後払いにより現金化する方法は、通販サイトで後払い決済可能な所と商品を選び、実際に購入した商品を買取店へ持ち込み現金化します。

後払い可能な金額は利用頻度と支払い実績に左右されるので、最初から大きな金額を現金化できるわけではありません。

しかし、ブランド品や品薄商品の後払い購入が可能ならば、転売による利益が狙える可能性があります。

このため、後払いで現金化をしようと考えた際には、転売先の確保と商品相場を事前に把握した上で利用する通販サイトと商品選びを見極める力が必要です。

タイミング次第で利益を挙げられる可能性がある一方で、一般的な後払いによる現金化は中古品買取という扱いとなるので手にできる現金は目減りする点に注意しましょう。
後払い(ツケ払い)で現金化する方法 後払い(ツケ払い)で現金化する方法!即日現金化できる最新業者!

携帯キャリア決済で現金化する方法

携帯キャリア決済を使った現金化は、自力で行う方法と現金化業者に任せる方法に分けられます。

自力で現金化を行う場合には、携帯キャリア決済を使って購入した商品を買取店へ持ち込み現金化する方法が一般的です。

返品により現金化できる方法もありますが、何度も繰り返すと履歴から入店拒否されてしまうリスクがあります。このため、換金性が高い商品を購入して買取店へ持ち込む方法が何度も可能という点で有利です。

一方、携帯キャリア決済に対応している現金化業者を利用する方法は、指定購入商品を携帯キャリア決済で処理すると、手数料を控除した金額が指定した銀行口座へ振り込まれます。

本人確認書類の提示が必要となりますが、実店舗を回る必要が無いために手軽に行える方法です。
携帯キャリア決済で現金化する方法!バレるの?違法なの?解説します。 携帯キャリア決済で現金化する方法!バレるの?違法なの?徹底解説。

クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴!後悔しないためには?

クレジットカード現金化を行った結果として後悔する人は、目先の現金を得ることを最優先にして後から正規のクレジットカード代金支払いがあることを考えていない人が該当します。

クレジットカード現金化は、決済額よりも少ない金額の現金を手に入れることができるので、支払いを将来に引き伸ばせるという期限の利益を狙った方法です。

将来入る収入を見込んで返済の目処を立ててからクレジットカード現金化を本来ならば行わなければなりません。

また、換金率が高いからという理由から自力でクレジットカード現金化を行うと、クレジットカード会社の監視システムに引っ掛かりクレジットカード利用停止となりやすいです。

そこで、支払い計画を立てた上でクレジットカード会社から目をつけられない独自のノウハウを持つクレジットカード現金化業者を使い、最初から分割払いやリボ払いにより無理なく支払い可能な範囲で現金化することが望ましいです。
クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴!後悔しないためには? クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴!後悔しないためには?