クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴!後悔しないためには?

クレジットカード現金化をして後悔する人の特徴!後悔しないためには?

急に現金が必要になった状況で、クレジットカードを現金化しようと考える方は多いと思います。

しかし、安易にクレジットカードの現金化をしてしまうと思わぬ失敗をするので注意が必要です。

そこで今回はクレジットカード現金化をして後悔する人の特徴を紹介していきます。

後悔をしないようにクレジットカード現金化の方法と対策を把握していきましょう。

クレジットカード現金化で後悔する人の特徴

クレジットカードの現金化で後悔してしまうのは、以下のような人です。

  • 焦って現金化をしようとする人
  • サービスの説明文をよく読まない人
  • 口コミや評判を確認しない人
  • 安易に何度も現金化をする人
  • 申し込んだ金額がそのまま手に入ると思い込んでいる人
  • 都合の良い文章をそのまま信用してしまう人
では、このような人がクレジットカードの現金化でどんな失敗をしてしまうのか詳しく見ていきましょう。

焦って現金化をしようとする人

今すぐ現金が必要な状況に陥ったとしても、焦ってクレジットカード現金化業者を頼ってしまうと失敗の原因になってしまいます。

焦りが強くなってしまうと、優良業者と悪徳業者の見分けることができなくなってしまいますし、還元率の低い業者に依頼してしまうケースも考えられるでしょう。

時間がないのはわかりますが、そんなときこそ落ち着いて対処する必要があります。

焦って適当な業者に依頼してしまったために、現金が振り込まれないといった被害に遭うこともあるでしょう。

クレジットカード現金化業者の中には、悪徳な詐欺行為を行う業者も存在するのは、現金化をするときは焦りは禁物です。

サービスの説明文をよく読まない人

クレジットカード現金化業者をネットで調べて、サービスの説明文などをよく読まずに申し込んでしまう人も注意が必要です。

公式サイトに大きな文字で高い還元率が表示してあっても、小さな文字で例外規定や手数料などの記載があると、実際に受け取れる金額は少なくなってしまいます。

こういった文章をよく確認しておかないと、損をしてしまう可能性が高いですし、悪質な業者に当たってしまうと現金すら手に入らないことも考えられます。

クレジットカード現金化業者に依頼するときは、サービスの説明文や利用規約などをよく確認しなければなりません。

口コミや評判を確認しない人

公式サイトだけの情報を頼りに依頼する業者を選んでしまう人も失敗を起こしがちです。

当然ながら、公式サイトには基本的に都合の良い内容しか記載されておらず、実態を掴むことはできません。

もちろん公式サイト通りの優良業者も存在しますが、やはりサービスの実態を知るためには口コミや評判を確認する必要があります。

特に、公式サイト内にある口コミ欄ではなく、SNSや口コミサイトなど外部の情報を頼りにすると、よりリアルな評判を知ることができます。

公式サイトの情報と利用者のリアルな情報の両方を確認することで、依頼する業者を判断する必要があるでしょう。

安易に何度も現金化をする人

クレジットカードの現金化は法的な問題はないものの、カード会社の利用規約では禁止された行為に該当します。

そのため、現金化がカード会社に発覚すると、利用停止や強制退会といった措置がとられてしまいます。

クレジットカードの現金化をするときは、カード会社に怪しまれないようにする必要があるのですが、短期間に繰り返し現金化を行ったり、一度に高額の現金化を依頼したりすると、カード会社に現金化がバレてしまいます。

現金化をするときはより慎重に行う必要があるのですが、安易な人ほどカード会社にバレやすい行動をしてしまいがちです。

申し込んだ金額がそのまま手に入ると思い込んでいる人

クレジットカード現金化に関する勘違いの1つに「申し込んだ金額がそのまま手に入る」というのがあります。

50,000円の現金化を申し込んだら、50,000円がそのまま手に入ると思っている方も多いと思いますが、そんなことはまずあり得ません。

クレジットカード現金化の換金率は、85~90%程度が相場で高額な依頼になれば95%程度も可能ですが、換金率100%というのは絶対にありません。

現金化業者は依頼された金額に対して、その内の90%程度を現金化し、残りの10%程度を手数料として受け取ることで利益を得ています。

換金率100%だと業者の利益が0になってしまうため、そのようなサービスを実施するメリットがなくなってしまいます。

しかし、「50,000円申し込んだのに45,000円しか返ってこなかった」と後悔する人もいます。

クレジットカード現金化というサービスの仕組みをよく理解して利用する必要があるでしょう。

都合の良い文章をそのまま信用してしまう人

クレジットカード現金化業者の公式サイトを確認してみると「カード事故ゼロ」や「高換金率」など、魅力的な言葉が並んでいます。

もちろん優良な業者であれば、その言葉に嘘偽りはないのですが、安易にそういった言葉を信じすぎてしまうと後悔してしまうかもしれません。

「安心して依頼したらカード会社にバレてしまった」「換金率が説明されたものより低かった」など、さまざまなトラブルが起こり得ます。

上辺だけでは優良業者と悪徳業者の見分けが難しい以上、書かれてある文章を疑いを持った目でよく必要があります。

クレジットカード現金化して後悔しない方法

クレジットカード現金化で後悔をしないためには、以下の点を意識する必要があります。

  • サービスの説明文や利用規約をよく確認する
  • クレジットカード現金化業者の運営会社をチェックする
  • 口コミや評判も確認しておく
  • 不自然に見えないように利用する
  • 実際に受け取れる金額がいくらなのか確認する
それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

サービスの説明文や利用規約をよく確認する

クレジットカード現金化業者を選ぶ際は、大きな文字で書かれた還元率などの文字だけを見るのではなく、細かい文字で書かれた説明文や利用規約も含めてチェックする必要があります。

利用規約を確認してみると、目立たないような場所に手数料の有無などが記載されてあるかもしれません。

そういった情報を確認せずに依頼してしまうと、実際に受け取る現金が思ったよりも低くなってしまう可能性があります。

上辺だけの説明文だけを見るのではなく、細かい情報も含めてチェックした上で業者を選ぶのが重要です。

クレジットカード現金化業者の運営会社をチェックする

クレジットカード現金化業者が「優良」か「悪徳」を判断する基準の1つに「運営会社を調べる」という方法があります。

サイト内の会社情報のページをチェックすると、運営会社の設立年数や所在地、電話番号といった情報がチェックできるでしょう。

例えば、「運営年数が長い」「所在地が正しい」「電話番号が固定電話orフリーダイヤル」といった点が確認できれば、まともな業者であることが判断できます。

所在地をGoogleMapで調べて、オフィスビルなどがヒットするかどうかや、記載されている運営年数とサイトの設立年数を調べてギャップがないかなどを調べてください。

また、電話番号についても携帯電話や衛生電話といった番号だと住所との関連性がないため怪しい業者だと疑う必要があります。

固定電話やフリーダイヤルなら発行に住所が必須となるので、オフィスを構えていると判断できます。

口コミや評判も確認しておく

クレジットカード現金化業者が優良かどうかを判断するためには、外部の情報もチェックしなければなりません。

SNSや口コミサイトなど、業者とは関連のないサイトに記載されてある口コミであれは、本音の情報が手に入りやすくなります。

公式サイトには、基本的に良い内容しか記載されていないと考えるのが自然です。

もし外部サイトで実際に利用した人の口コミが確認できたら、そちらを参考にしてみるといでしょう。

不自然に見えないように利用する

クレジットカード現金化業者を利用するリスクの1つに挙げられるのが「カード会社にバレる」ことです。

カード会社に怪しまれないためにも、不自然な立ち回りを控える必要があります。

例えば、短期間に繰り返し現金化を利用すると、明細に同じ内容の記載が連続することになってしまいますし、高額の現金化をすると利用履歴に不自然な記録が残ってしまいます。

カード会社は不正利用防止のために、不自然な利用に対してチェックを行う体制をとっているので、不自然な形での現金化はそれだけ発覚リスクを高めてしまいます。

クレジットカード現金化を利用するときは、不自然に思われない形で節度を持つようにしてください。

実際に受け取れる金額がいくらなのか確認する

現金化を利用して現金がいくら手に入るのかをチェックする際、換金率だけを見るのはやめた方がいいでしょう。

クレジットカード現金化業者では、始めに高い換金率を提示した上で、細々とした手数料を差し引いてくるといったパターンが存在します。

これだと実際に受け取れる金額が目減りしてしまい後悔する結果となってしまうでしょう。

そのため、換金率ではなく「振込金額」に注目する必要があります。

振込金額とは、利用金額の換金率から諸々の手数料を差し引いた金額です。

業者に依頼する際に電話口で「振込金額はいくらか」を聞いてみてください。

優良業者であれば具体的な金額を答えてくれるはずです。逆に、「サイトに記載の金額です」など曖昧な答え方をする業者は、悪質な可能性が高いのでその場で断った方がいいでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化を利用して後悔する人と後悔しないための方法を解説しました。

後悔してしまう原因を大きく分けると「業者選びの失敗」「カード会社にバレた」の2つが挙げられるでしょう。

この2つの観点から、後悔しない利用方法を理解してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です