Amazonギフト券の買取がバレるとまずいペナルティ|バレないように現金化する方法

amazonギフト券買取バレるとマズイ理由アイキャッチ画像

換金率の高さや初心者でも簡単に利用できる理由から、Amazonギフト券の現金化利用者に人気です。

ですがAmazonギフト券買取サービスはAmazonの利用規約では禁止されています。もしも買取利用していることがバレるとペナルティリスクがあるので注意が必要です。

  • どんなペナルティがあるのか
  • どんな点に注意する必要があるのか

Amazonギフト券の買取のリスクと、バレないように換金する方法について紹介します。

バレるとどんなペナルティがある?

結論からお伝えすると
Amazonギフト券の買取がAmazonにバレると以下の会社から利用停止になる可能性があります。

  • Amazon
  • 買取で利用したクレジットカード会社
  • 携帯決算で利用した携帯会社

どんなペナルティがあるのか、参考にしてください。

Amazonのペナルティ

  • Amazonで登録したアカウントが閉鎖
  • Amazonアカウントに関連する別のアカウントも停止処置
  • アカウントにログインできなくなる
  • Amazonギフト券は没収されて残高があっても全額使用不可
  • Amazonクーポンもすべて凍結されポイントが無効
  • Amazonで注文中の商品はすべてキャンセルされる

Amazon会社の利用規約で禁止されているAmazonギフト券の現金化。もしもバレたらアカウントが停止され、Amazonサービスが受けられなくなる可能性が高いです。

Amazonアカウントが停止されるとマイページにもログインできなくなるので、Amazonを利用して買い物することができません。注文していた商品もすべてキャンセル扱いになってしまいまい商品が自宅に届かなくなるリスクも知っておくことが大事です。

そしてアカウントに登録してあるAmazonクーポンもAmazonギフト券も使用不可に。残高が残っていても全額使用ができなくなるので、高額な残高があればかなり痛手となるでしょう。

クレジットカード会社のペナルティ

  • クレジットカード残高一括返済
  • クレジットカード強制解約の可能性も

クレジットカードで購入して現金化することは、カード会社でも規約違反に当たります。

Amazonギフト券をクレジットカードで購入してバレた場合、これまでカードで購入した返済残高を一括で返済しなくてはいけません。

もしも一括返済できない場合、クレジットカードの強制解約される可能性が高いです。強制解約されるとその業者でクレジットカードの発行はできません。

最悪ブラックリストに載ってしまうと、どのカード会社でもクレジットカードの発行ができなくなる可能性があります。

携帯会社のペナルティ

  • 支払い遅延や延滞による携帯電話の解約
  • 支払い能力が疑われるとブラックリスト入のリスクも

携帯電話の代金と一緒にまとめて支払いできる、携帯決済(キャリア決済)でAmazonギフト券を購入してバレた場合、携帯決済の利用ができなくなる可能性があります。

支払い遅延や延滞すると支払い能力が疑われ、携帯電話を強制的に解約されたりブラックリストに載る可能性も。携帯決済した時のリスクは知っておくようにしましょう。

Amazonギフト券の買取がバレないようにする5つの方法

現金化でAmazonギフト券の買取がバレてしまうとかなり重いペナルティを受けてしまうことになります。そのため、Amazonギフト券の買取は慎重に行っていく必要があります。

Amazonギフト券は以下5つの点を考慮して買取することが大事です。

高額な決済は疑われやすいから避ける

  • 低額な決済を心がける
  • 1回5万円以上の決済は避ける
  • 数回に分けて利用する

決済が高額だとAmazon側やクレジットカード会社から、現金化を疑われることは常に意識してください。

高額な決済をしないようにするには買取設定に関して欲を出しすぎず、金額を低めに設定した低額で決済を行うことが大切!

どうしても5万円以上のお金が必要な場合は、Amazonギフト券だけでなく他の商品と合わせて買取して現金を確保するのがいいです。Amazonギフト券では決済に限度があることを覚えておきましょう。

数回に分けて利用することもポイントのひとつです。少しでも現金化を疑われる確率が下がるように心がけてくださいね。

頻繁購入は疑われやすいから気をつける!

  • 月に何度も購入しない
  • 換金性の高い商品を頻繁に買わない
  • 同じ商品を買わずに違う商品も購入する

Amazonギフト券による買取が多いことはカード会社も知っているので、頻繁に購入している人は警戒されやすくなるでしょう。

あくまで目安ですが、Amazonギフト券を月に5回以上も購入していると頻繁に購入していると判断されやすいです。月1~2回程度にしておくことがいいでしょう。

Amazonギフト券以外の高換率商品の頻繁購入や同じ商品を複数購入するのも疑われてしまう原因となりやすいです。Amazonギフト券と含めて月に数回程度の購入しておくようにしましょう。頻繁に商品を購入しないことが大事です。

購入時のアカウントと使用するカードに気をつける

  • Amazonアカウントで登録したカードを使う
  • 新規発行のカードやアカウントは使用しない
  • Amazonから買取サイトへ商品を直接送るのはNG

Amazonアカウントで登録したカードは履歴が残りやすく、Amazon側もクレジットカード側も把握しやすいです。

Amazonギフト券を購入する場合は、アカウントの登録情報と同じクレジットカードを使うことで疑われるリスクが減らせます。

新規発行のカードや新規アカウントを使用して換金率の高い商品の決済を行ってしまうと、不正利用を疑われてカード会社とAmazonが情報提供して判断されるので注意が必要です。

また、Amazonから購入して買取先の現金化業者へ直接商品を送るのはNG。Amazonから買取サイトに直接商品を送れば、商品の購入目的が買取であると発覚するからです。商品の受取は自宅を指定すしておくようにしましょう。

Amazonギフト券の種類を賢く選んで支払い期限を守る

Amazonギフト券を購入したときに心がけておくポイントを抑えましょう。

  • Amazonギフト券のEメールタイプを利用
  • 支払いに遅れない・滞納しない

Amazonギフト券はいくつか種類がありますが、なかでもEメールタイプを購入するのがオススメ。Eメールタイプはクレジットカードでしか購入できないシステムなのでバレにくいからです。また、コード番号の受け渡しのみで売買することが可能なので、郵送の手間もコストも一切かかりません。

もちろん、高額な金額や頻繁に購入するとAmazonギフト券のEメールタイプでも疑われやすくなるので、その点は注意しておきましょう。

クレジットカードを利用して支払いを遅延してしまうと、カード会社から請求や連絡が来て買取がバレやすくなります。カードで購入したら決済日までに支払いを行えるように資金の計画をしましょう。返済は余裕を持って準備しておくのがいいです。

買取がバレない優良業者を利用するのが安全

買取するときは優良業者を利用することも大事です。優良業者は以下の2点から見極めます。

  • 買取率や手数料の確認
  • 住所や電話番号の確認

業者を利用してAmazonギフト券を買取してもらうなら、買取率や手数料などを確認する必要があります。

Amazonギフト券の買取率は大体90%超え。その買取率で手数料がどれくらい取れられるのか業者に確認しておくと、自分の期待通りの高額買取ができます。業者の買取率は店舗によって違いがありるので、相場と似た買取率を提示している店舗や手数料がどこまで取られるのか確認しましょう。

業者を利用するときは住所や電話番号の確認も大事です。業者の中には詐欺業者が潜んでいることもあり、詐欺業者の場合は住所や電話番号がサイトに載せられていないこともあります。利用前にサイトで内容を確認しておきましょう。

【まとめ】Amazonギフト券の現金化は違法じゃない

Amazonギフト券を現金に換金するのは利用規約で禁止されてるとお伝えしましたが、法律では買取行為は違法ではありません。

「現金が必要だけどすぐに用意できない」そんなピンチのときに、確実に現金を用意する最終手段として慎重に利用してください。

Amazonギフト券の換金率の高い現金化サイトの利用も検討するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です