全国都道府県別クレジットカード現金化業者・金券ショップまとめ

全国都道府県別クレジットカード現金化業者・金券ショップまとめ

全国には地域で店舗をもったクレジットカード現金化業者や金券ショップが数多く立ち並んでいます。

クレジットカード現金化の案内所】では各都道府県のおすすめ業者を掲載しています。

地域のクレジットカード現金化業者・金券ショップを探す

お住まいの地域を選んでください。

全国地域別検索

北海道・東北

北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 仙台 / 秋田 / 山形 / 福島

関東

東京 / 新宿 / 池袋 / 上野 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 群馬 / 栃木

北陸・中部

愛知 / 静岡 / 新潟 / 長野 / 岐阜 / 三重 / 石川 / 富山 / 山梨 / 福井

近畿

大阪 / 兵庫 / 京都 / 奈良 / 滋賀 / 和歌山

中国・四国

岡山 / 広島 / 鳥取 / 島根 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知

九州・沖縄

福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

クレジットカード現金化業者の店舗と無店舗の違いについて

手元に現金を用意するためにクレジットカードの現金化を考えた時、まずはどの現金化業者を利用するのか考えることになります。

カード現金化業者は運営形態の別に店舗型と無店舗型があり、この違いから利用者側にそれぞれ異なるメリット・デメリットが生じてきます。

本章では店舗型と無店舗型の違いや、利用者にとってのメリット・デメリットを解説していきます。

店舗型と無店舗型の違い

店舗型で運営する現金化業者は街中に実店舗を構え、看板などを出して営業しています。

駅前や繁華街など人の出入りが多くあるところに出店していることが多く、利用者はその店舗を訪れて現金化の相談をすることができます。

事務所にはスタッフが常駐しているので、現金化の手順や方法などを確認しながら進めることが可能です。

クレジットカード現金化の具体的な方法として、買取型(商品を転売する方法)とキャッシュバック型があると別記事でお話ししましたが、店舗型の業者は買取型の現金化手法を取ります。

つまり何らかの商品を購入し、これを転売して換金するということですが、業者によって出向いた店舗で扱っている商品を購入する所もあれば、対象商品を他店で購入しこれを持ち込んで換金するようなスタイルもあります。

一方、無店舗型運営の業者は実店舗を持ちません。

ネット上でサイトを開設し、これを窓口にして集客しています。

そして、無店舗型の業者が取り扱うのは主にキャッシュバック型です。

クレジットカード決済を用いて市場価値がほとんどない商品を便宜上購入し、そのおまけとしてキャッシュバックを受け現金を手にすることができます。

ただし、無店舗型運営の業者の中には商品買取型で営業する所もあり、その場合商品のやり取りは郵送で行うことになります。

店舗型と無店舗型の大きな違いとしては、前者は対面式で業者スタッフの顔が見えますが、後者は遠隔取引となるので業者スタッフとの対面がないことです。

店舗型のメリット

では店舗型のメリットを見ていきましょう。

スタッフに説明を受けながら進められる

カード現金化の利用が初めてで勝手が分からなくても、店舗型ならばスタッフと対面するので説明を受けながら進めることができます。

老舗で利用者からの信頼が厚い良心的な業者であれば、ベテランのスタッフから丁寧な説明を受けて進められるので初心者でも安心です。

ネットが使えなくてもOK

若い方であれば何らかの形でネットを利用できる人が多いと思いますが、事情があってスマホなどの利用ができなくなっている人や、中高齢者でネットの利用に抵抗がある、上手く使えないという人もいるでしょう。

こうした人も店舗型ならば取引が可能です。

詐欺を防止できる

店舗型の場合、商品を買い取る業者が目の前で現金を交付してくれます。

キャッシュバック型の場合は運悪く詐欺業者にあたってしまうとキャッシュバックを受けられないリスクがありますが、対面で行う店舗型では目の前で確実に現金を交付してもらえます。

口座が使えなくてもOK

例えば闇金被害に合ってしまい、自分の口座が凍結されて使えなくなってしまった場合、振り込みを受けることができませんから無店舗型は利用できません。

直接手渡しで現金を交付する店舗型ならば、口座がない人や事情があって口座が使えない人でも現金を手にすることができます。

店舗型のデメリット

では店舗型のデメリット面を見てみましょう。

換金率が悪くなる

店舗型で運営する場合、業者は様々な経費を支出しなければいけません。

都会の駅前や繁華街は地代が相当高いので、テナント料だけでも相当な負担です。

自社所有の不動産であっても固定資産税などの税金がかかりますし、光熱費などの日常経費もかかってきます。

儲けを出すために換金率を多少下げなければならないため、利用者にそのしわ寄せが来ます。

店舗型の現金化における換金率の目安は概ね70%前後となると考えておきましょう。

店舗に出向く必要がある

店舗型の現金化業者は駅前や繁華街などに出店することが多いので、その周辺に職場があったり、日常で出向くことが多ければ利用のハードルは高くないかもしれません。

しかしその場に行く用事がない人にとって、現金化のためだけに出向くのは手間感を強く感じるでしょう。

現金化に時間がかかる

手続き上で商品の購入と売却が必要になることから、キャッシュバック型と比べて現金化に時間がかかります。

首尾よく進めたとしても1日がかりの進行になると考えた方が良いでしょう。
 

カード停止のリスクが高い

店舗型では一つの商品でできるだけ効率よく現金化を行うために、市場価値が高く流通が良い商品を取引対象にします。

こうした商品は現金化がされやすいことをカード会社の方もよく知っているので、監視の網に引っかかりやすいため注意が必要です。

信用状況があまり良くない人はもちろんですが、そうでない人でも、同じ商品を複数購入したり、短期間に現金化を繰り返すとカード利用停止処分を食らってしまう危険があります。

質の良くない業者で嫌な思いをすることも

老舗の店舗型業者は利用者に安心してもらえるように配慮していますが、中には質の良くない業者も存在します。

そのような業者を利用してしまうと、丁寧な説明に時間をかけることを嫌がられてぞんざいな扱いをされたり、気が弱そうとみられると威圧されてしまうかもしれません。

それでも、納得できない状態で進めると自分が困ることになりますから、条件が悪かったりスタッフの対応が気に入らず取引したくないのであれば、毅然と断るようにしましょう。

無店舗型のメリット

次に、無店舗型の現金化業者のメリットを見てみます。

自宅で取引が完結

無店舗型の場合、業者の事務所まで足を運ぶ必要がありません。

ネット環境さえあれば自宅にいながら取引が完結するので、いちいち外出しなくても現金化が可能です。

24時間都合の良い時に利用できる

店舗型では深夜には利用できませんし、土日は休みというところもあります。

ネット対応の無店舗型業者は迅速性を売りにしているので、多くの業者は24時間受付が可能です。

ネットバンクを利用していれば土日でも振り込みを受けられるので、都合に合わせて好きな時に利用できます。

換金率が店舗型より高い

無店舗型の運営ではテナント代や光熱水費などの経費が掛からないので、儲けを圧迫しない分、換金率を下げなくても利益を出すことができます。

キャッシュバック型で決済代行業者を使う場合は決済手数料が別途かかりますが、仮に同じ商品を買取方式で取引する場合、純粋な換金率でいえば店舗型よりは換金率が高くなることが多いです。

カード利用停止のリスクが低い

無店舗型では主にキャッシュバック型で進めることになりますが、購入するのは市場価値があまりないものや、流通も特にない商品を購入することになります。

そのためカード会社に目を付けられにくく、利用停止のリスクを抑えることができます。

入金までの時間が早い

店舗型では商品の購入や売却などで時間がかかりますが、無店舗型のキャッシュバック方式の場合、スムーズな取引ができればおよそ1時間程度で振り込みを受けることができます。

無店舗型のデメリット

では無店舗型のデメリット面について見てみます。

信用性の見極めが難しい

ネットの仕組みを利用したサービスはどれもそうですが、業者の信用性の見極めが難しいので、利用者側は安全性や信頼性の判断に苦労するかもしれません。

公式サイトの作りが明らかに手を抜いているなどで怪しさを見抜けることもありますが、一見上手く作られていても、中身の業者の素性とは切り離して考えなければいけません。

換金率が良さそうに見えても、色々な名目で手数料を取られるなど詐欺的な行為を行う業者もいます。

利用者側も口コミを調べるなどして自衛する必要があります。

買取型では郵送に時間と手間、費用がかかる

無店舗型でも市場価値のある商品を転売する買取方式を採用している業者では、郵送による商品のやりとりで時間と手間をとられます。

また郵送代の費用もかかりますから、最終的に手元に残るお金がいくらになるのか調べておかないと必要な額を用意できない可能性があります。

キャッシュバック方式の場合は転売することはないのでこの心配は要りません。

自宅に商品が届くことがある

キャッシュバック方式で購入する商品は業者によって様々ですが、データ形式の商品であればメール等で送られるだけなので自宅に何かが届くことはありません。

しかし例えばパワーストーンなどの実物商品の場合、購入者の自宅に商品が送られてきます。

購入が便宜上のものであっても、売買取引である以上は商品を提供しないと業者側が金銭の貸付業をしているとみなされる危険があるからです。

商品が自宅に届いた場合、家族に見られることもあるでしょうから、説明の仕方を考えておいた方が良いかもしれません。

現金を引き出さなくてはいけない

店舗型では手渡しで現金の交付を受けることができますが、無店舗型では振り込みでお金を受け取ることになります。

実際に手元に現金を用意するにはATMなどで引き出す手間がかかります。

また何らかの事情で口座が使えない人は、無店舗型の業者を利用することができません。

まとめ

クレジットカード現金化業者の運営形態の別に、店舗型と無店舗型の違いやそれぞれのメリット・デメリットを見てきました。

店舗型は街中に事務所を構えて営業しており、流通性の良い商品を転売してカードの現金化を行います。

優良業者であれば初心者でも色々相談しながら進められるので、安心感を持つことができるでしょう。

手間や時間の面でネックになるなら、自宅で簡単に行える無店舗型がお勧めです。

無店舗型は商品の買取(転売)方式を採用する所もありますが、主流はキャッシュバック方式です。

キャッシュバック方式は商品の郵送などに手間を取られることがないので、より簡単に、手間なく現金化をしたいならば無店舗型のキャッシュバック方式を採用する業者がお勧めです。