クレジットカード現金化を業者使わないで自分で現金化する方法

クレジットカード現金化を業者使わないで自分で現金化する方法

クレジットカード現金化の方法でクレジットカードの現金化をする際には、専門の業者に依頼するというのが一般的ですが、仕組みさえ理解すれば自分で行うのも充分に可能です。

自分で現金化する方法やメリット・デメリットを理解した上で、業者に依頼して行う現金化との違いについても把握してみてください。

今回はクレジットカードの現金化を自分で行う方法について詳しく解説していきます。

業者を使わずに自分で現金化する方法

業者に依頼して行うクレジットカードの現金化を自分でやると考えると、少し難しいようなイメージが湧いてしまうかもしれません。

しかし、「自分でやる」といっても、クレジットカードの現金化自体は至ってシンプルな方法で行えます。

まずは、クレジットカードの現金化の簡単な流れをみていきましょう。

  • クレジットカードで商品を購入する
  • 購入した商品を売却する
  • 売却して得たお金を受け取れば現金化完了
このように3つのステップで簡単に現金化を行うことが可能です。

では、それぞれのステップについて具体的にどのようなことを行うのか詳しくみていきましょう。

クレジットカードで商品を購入する

まず最初にクレジットカードのショッピング枠を利用して何らかの商品を購入します。

購入する商品としては「売却可能」かつ「換金率の高い」ものがおすすめです。

例えば、以下のような商品が挙げられます。

  • ゲームソフト、ゲーム機本体
  • ブランド品
  • 新幹線回数券、Amazonギフト券
クレジットカードの現金化では、一旦ショッピング枠で商品を購入する必要があります。

そのため、換金率が高い商品でなければ、現金は手に入っても結局は損をしてしまうでしょう。

例えば、10万円の商品を購入して、6万円で売却した場合、換金率は60%ということになります。

確かに、6万円の現金は手に入りますが、クレジットカード利用分の10万円は返済しなければならないため、差額の4万円分損をしてしまいます。

このような仕組みになっているため、換金率の高い商品がどんなものか調べる必要があります。

換金率80~90%ぐらいが目安にもなるので慎重に商品を選んでみてください。

購入した商品を売却する

商品を購入したら、次に売却して現金を得ます。

ゲームソフトやゲーム機本体であれば、中古ゲームショップに売却し、ブランド品であれば、ブランド品買取ショップに売却するなどしてください。

新幹線回数券やAmazonギフト券であれば金券ショップなどで売却できるでしょう。ネットから申し込めるAmazonギフト券買取業者なら高い換金率で売却することも可能です。

売却して得たお金を受け取れば現金化完了

商品を売却したお金を受け取れば現金化が完了します。得た現金を目的の用途で使用してください。

また、最終的にはクレジットカードで利用した金額を返済することも忘れないようにしましょう。

クレジットカード現金化は、ただ現金が手に入るのではなく、クレジットカードのショッピング枠を換金しているに過ぎません。

カードの利用代金をきっちり支払った段階で、現金化の一連の流れが完了します。

自分でクレジットカード現金化するメリット

クレジットカードの現金化を自分で行うメリットとしては以下の3点が挙げられます。

  • 詐欺被害に遭うリスクが低い
  • 自由度が高い
  • 商品選びを考えれば換金率を高くするのも可能
では、それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

詐欺被害に遭うリスクが低い

クレジットカード現金化業者の中には、悪質な業者も多く存在しています。

ネットだけの情報で業者選びをしてしまうと思わぬ詐欺被害に遭ってしまう可能性もあります。

「商品を購入したにもかかわらず現金が振り込まれない」といった被害の可能性もありますし、個人情報やクレジットカード番号が悪用される危険性もあります。

自分で現金化を行う分には、こういった詐欺被害に遭うリスクは回避できるでしょう。

ただし、購入した商品を売却する際に利用する買取業者についても、悪質な業者が含まれるので注意は必要です。

自由度が高い

自分で現金化を行う場合、購入する商品や売却する業者など、細かいことを全て自分で決めることができます。

トレンドに合った換金率の高い商品を利用することもできますし、近場にあるリサイクルショップに買取を依頼するなど、自分なりの方法を見つけることができるでしょう。

商品選びを考えれば換金率を高くするのも可能

自分でクレジットカード現金化をする場合、商品選びも自分で行う必要があります。

商品選びに失敗して換金率が低くなってしまう可能性もあるのですが、リサーチをしっかりと行えば換気率を高くすることも可能です。

換金率が高い定番商品やトレンドになっている商品など、高く売れる商品を自分で見極めていくことが重要です。

自分でクレジットカード現金化するときの注意点

自分でクレジットカードを現金化する際は、以下の点に注意してください。

  • 即日で現金を手に入れるのは難しい
  • 換金率の低い商品を買ってしまう可能性もある
  • カード会社にバレると利用停止になってしまう
  • 商品選びや商品の売却など手間がかかる

即日で現金を手に入れるのは難しい

自分でクレジットカード現金化をする場合、以下の全てを自分の手で行わなければなりません。

  • 商品選び
  • 商品の購入
  • 売却先選び
  • 商品の売却
予め現金化に利用する商品や売却先の目星を立てているのであれば、その分の手間は省けますが、それでも購入と売却を自分で行う必要があるため時間はかかってしまいます。

現金化を行う方の中には「今すぐ現金が必要!」というケースも多いでしょう。

自分で現金化をする場合、即日で現金を手に入れるのは現実的ではありません。

クレジットカード現金化業者であれば、ネットからの申し込みで即日入金も可能ですが、自分で現金化をすると、現金を手に入れるまで2〜3日はかかってしまうでしょう。

換金率の低い商品を買ってしまう可能性もある

換金率の相場に詳しい方なら問題ありませんが、初めて現金化をする方など、商品選びの知識がなければ換金率が低くなってしまう可能性があります。

また、換金率が高いと言われている商品を購入しても、買取業者選びを間違えば予想よりも低い金額で査定される場合もあるでしょう。

スムーズに問題なく自分で現金化を行うには、ある程度の慣れも必要ですし、知識がない方は無理に現金化を行ってしまうと損をしてしまう可能性が高いので注意してください。

カード会社にバレると利用停止になってしまう

クレジットカードの現金化は、カード会社の利用規約に違反する行為です。

そのため、現金化の事実がカード会社に発覚してしまうと、カードの利用停止や強制退会といったリスクも生じます。

短期間に何度も繰り返して現金化を行った場合など、カード会社に疑われる可能性が高まってしまいます。

カードが利用できなくなるだけなら実害もありませんが、カードの利用金額が一括で請求される可能性もあります。

カード会社にバレるリスクについては、常に頭に入れておく必要がありますし、利用停止になっても問題のないカードで現金化を行った方がいいでしょう。

商品選びや商品の売却など手間がかかる

自分で現金化をする際には、商品選びや購入、売却といった手間を全て自分で行う必要があります。

詐欺被害に遭うリスクは低いものの、時間も手間もかかって大変なことには変わりありません。

クレジットカード現金化業者に依頼すれば、必要事項を入力して、ネット上で手続きを行うだけで現金が振り込まれます。

このスピード感と比較すると、自分で現金化を行う手間はかなり大きく感じてしまうでしょう。

まとめ

クレジットカードの現金化を自分で行う方法はありますが、メリットに対してデメリットが目立つといえます。

自分で現金化を行う自由さはあるものの、やはり時間や手間がかかりますし、現金化を行うに当たって知識も必要になってしまうでしょう。

やはり手早く現金を手に入れたいのであれば、クレジットカード現金化業者に依頼するのがおすすめです。

クレジットカード現金化業者のメリット
  • ネットから申し込める
  • 簡単な手続きで現金化が可能
  • 即日入金にも対応
  • 換金率も安定して高い
もちろん悪質な業者も中には存在しますが、運営会社の情報や口コミを事前に調べておけば優良業者を見つけることは充分に可能です。

急に現金が必要になる事態に遭遇することはよくあると思いますので、クレジットカードの現金化について詳しくなっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です