モバイルチェンジの口コミ・評判まとめ|換金率や流れ・店舗の特徴を徹底解説!

モバイルチェンジアイキャッチ画像

モバイルチェンジはスマートフォンからも手軽に申し込みできる点を重視したクレジットカード現金化優良店です。

老舗と呼べるほどの営業実績を誇り独自の方法で現金化サービスを提供しています。では、なぜ公式サイトに記載されている情報がシンプルに抑えられているのでしょうか。

ポイントとなるのは、クレジットカードと取引額に応じて取引方法を変えているからです。

モバイルチェンジのおすすめポイント👍
  1. 手数料がかからない
  2. 貯まる・使えるポイントでキャッシュバック
  3. 10年以上の実績がある老舗サイトなので安心
モバイルチェンジ
公式サイトをチェックする

モバイルチェンジの基本情報

モバイルチェンジ公式サイトバナー
【公式URL】http://mobachen.net/
店名 モバイルチェンジ
最大還元率 96%
最短振り込み時間 10分
営業時間 24時間年中無休
主な対応クレジットカード ・VISA
・MASTER
・JCB
・AMEX
・ダイナーズ
モバイルチェンジ
公式サイトをチェックする

現金化業者のモバイルチェンジはなぜおすすめできる?特徴をまとめました

モバイルチェンジの特徴

モバイルチェンジを繰り返し利用するリピーターがいることは、公式サイトを頻繁に更新しなくても10年以上の営業実績を維持できている点から分かります。

なるべくシンプルな公式サイトとすることにより、クレジットカード現金化を柔軟な体制で提供できるよう工夫しているわけです。

では、なぜモバイルチェンジをおすすめできるのでしょうか。

手数料を全て負担してくれる

クレジットカード現金化業者を利用する際には、振込手数料や本人確認手数料といった各種手数料が発生します。

モバイルチェンジでは、税金やセキュリティー費用以外の手数料は全て負担してくれるので、クレジットカード決済額と実際の現金振込額の差額が分かりやすくなっています。

貯まる・使えるポイントでキャッシュバック可能

モバイルチェンジのキャッシュバック

一見さんよりもリピーターを重視する姿勢は、モバイルチェンジが採用しているポイント制からも分かります。

1万円の換金額ごとに1ポイント付与となり、次回現金化サービス利用時に1ポイント50円換算で現金振込額に上乗せ可能です。

次回現金化サービス利用時という制限をかけているのは、リピーター向けの顧客サービスという点だけでなく振込手数料をかけないためでもあります。

10年以上の実績がある老舗サイトなので安心

2000年2月設立のモバイルチェンジは、商品買取方式から現金化サービスを開始して独自の方法での現金化サービスを提供しています。

他のクレジットカード現金化業者では取引方法が1種類しか用意されていませんが、モバイルチェンジならばクレジットカードと取引額の組み合わせにより、最適な方法を提案してくれる方式です。

モバイルチェンジの換金率はどれくらいなの?

モバイルチェンジの換金率は、10万円利用時に85%と公式サイトにも記載されています。

最大換金率は96%となっていますが、大口かつ特定のクレジットカードを使用した場合となるので適用条件は個別確認が必要です。

換金率は購入する商品本体代金に対しての換金率となるので、消費税分は換金率の計算対象外となる点は公式サイトからも読み取れる範囲内です。

モバイルチェンジの振込みスピードについて

クレジットカード現金化サービスはなるべく早く現金化をしたい時に重宝しますが、モバイルチェンジの振込スピードは決済確認から最短10分が目安です。

指定商品を購入してクレジットカード決済を行うと、随時モバイルチェンジ側で確認を行ってから現金振込手続きに入ります。

リアルタイムで全ての決済を監視できるわけではないので、急いでいる場合にはクレジットカード決済直後にモバイルチェンジへ電話連絡する方法があります。

先に本人確認書類の提出さえ済ませておけば、通常時なら30分程度で振込手続きまでは完了するはずです。

モバイルチェンジの振り込み対応時間と対応クレジットカード

モバイルチェンジの対応金融機関

モバイルチェンジは24時間年中無休営業を行っているので、指定商品のクレジットカード決済が確認出来次第順番に現金振込手続きを行います。

モバイルチェンジでは、公式サイト上にも楽天銀行とゆうちょ銀行ならば24時間深夜でも振込可能です。

実際にはモアタイムシステムに接続している金融機関ならば、各銀行が接続している時間帯に限り土日夜間でも振込できます。

また、モバイルチェンジで対応しているクレジットカードは、日本国内で発行された国際決済ブランドならば一通り対応可能です。

VISA・MasterCard・JCBだけでなく、AmericanExpressやDinersClubについても対応しており、海外発行のクレジットカードについては個別確認が必要となります。

モバイルチェンジを利用する流れについて

モバイルチェンジの流れ

モバイルチェンジを利用してクレジットカード現金化を行う手順は、次の通りとなります。

STEP.1
WEBフォーム経由で申し込みを行うと電話連絡が入り取引方法と希望額に加えて本人確認書類提出方法の案内を受けます
STEP.2
希望額に応じた指定商品購入案内メールが届くので好きなクレジットカードにて決済手続きを行います
STEP.3
モバイルチェンジ側で本人確認書類のチェックが完了し指定商品の決済確認が取れたら現金振込手続きに入ります
STEP.4
後日自宅へ届いた商品は取引方法により自宅保管またはモバイルチェンジへの転送を行い取引が完了です

モバイルチェンジを申し込む際に必要なもの

クレジットカード現金化サービスをモバイルチェンジへ申し込む際に必要となるものは、次の3つが最低限求められます。

  • 写真付き本人確認書類
  • クレジットカード
  • 振込先銀行口座

実際には指定フォーム経由で画像データとして送信すれば良いので、申し込み前に準備しておけば待ち時間を減らせます。

モバイルチェンジを利用する際の注意点について

モバイルチェンジを利用してクレジットカード現金化を行う際には、安全性確保とリスク回避のために事前に把握しておく必要がある項目があります。

基本的にモバイルチェンジの公式サイトに記載されていますが、急いで利用する際にはうっかり確認を忘れてしまうことが珍しくありません。

そこで、事前にどのような点に注意すればよいのか確認しておく必要があります。

クーリングオフはできない

モバイルチェンジとの取引を取り消しするために、クーリングオフ制度を利用できないかと考える人が少なくありません。

しかし、モバイルチェンジは訪問販売ではなくインターネット通販を行うものであって、取引の性質上からクレジットカード決済が行われた後の取り消しは不可です。

なぜなら、既に指定商品の売買契約が完了していて商品手配が済んでいる状態と、クレジットカード決済手数料が発生している点が挙げられます。

また、悪戯目的でのクレジットカード現金化サービス利用を避けるために、モバイルチェンジでは電話連絡時に本人による申し込み意思確認を実施しています。

本人名義のクレジットカードのみ利用可能

家族名義のクレジットカードや未成年者の利用といった、本人が単独で法律行為を行えない取引は認めていません。

クレジットカード会社から不正利用を疑われてしまうと、同じ決済会社を使用したクレジットカード取引が全て目視確認手続きとなってしまいます。

また、盗難紛失クレジットカードが不正利用されるリスクが高いために、本人名義のクレジットカードのみを使用可能としているわけです。

そして、クレジットカード決済を行ったとしても本人名義以外の銀行口座へは振込手続きや返金手続きも特殊詐欺を防止するために行いません。

モバイルチェンジの口コミや評判は?騙された・悪質って本当?

モバイルチェンジは公式サイトで公開されている情報量を制限しているので、読み飛ばしてしまったり問い合わせをせずに何となく申し込みすると口コミが辛口評価となりやすいです。

そこで、モバイルチェンジに対してどのような口コミが多いのか調べてみました。

土曜日の夕方に急な法事で呼び出されてすぐにでも現金調達が必要だったので焦った時にモバイルチェンジにお世話になりました。10万円で考えていましたが、15万円にしたらどうかという案内を事情からアドバイスしてくれたので助かりました。

日曜日の早朝に申し込みしましたが、電話連絡が30分ほどで入り本当に手続きしてくれて助かりました。深夜早朝の電話対応のために今話をしても大丈夫か確認してもらえた点が嬉しいです。

モバイルチェンジの良い口コミを紹介しました。次は悪い口コミを見てみましょう。

最短10分で振込完了とありましたが、土日を挟んだために実際に銀行口座へ振り込まれたのは月曜日の午前中でした。急いでいて焦ってしまいましたが、平日14時45分までに手続きが完了していないとすぐには振り込んでもらえません。
楽天銀行とゆうちょ銀行以外の銀行口座を利用した古い書き込みのために、当時はモアタイムシステムも稼働しておらず月曜日にずれ込んだ模様です。

2018年以降はモアタイムシステム参加銀行が増えたので書き込み内容とは変わっています。

10万円で85%振込と聞いていたので利用しましたが、振り込まれた金額は77,000円でした。モバイルチェンジだから特別低いというわけではなく、消費税については換金対象外となる点を忘れていた結果だと納得しています。
11万円の利用ならば税抜10万円となるので85,000円の現金振込となったパターンです。

他にも、本人確認書類の提出まではぶっきらぼうな印象がありましたが、本人確認書類の確認後は丁寧な応対に変わったという声もありました。

これは、同業他社からの嫌がらせ対策を兼ねて本人確認書類提出まで進まない人に対しては、警戒する時があるとのことです。

モバイルチェンジ申込はこちら

モバイルチェンジのまとめ

老舗のクレジットカード現金化業者として知られるモバイルチェンジは、公式サイトに公開している情報がシンプルで読みやすい内容となっています。

個別の換金率表を提示してもクレジットカードごとにクレジットカード決済手数料が異なるために一律の案内ができません。

そこで、電話連絡による問い合わせをフリーダイヤルで受けることにより、納得した上での現金化サービス提供を目指しているわけです。

モバイルチェンジでは、10年以上の営業実績により培った独自の現金化ノウハウを駆使しているので、利用者に対して一律の案内をしていません。

このため、同じ金額の取引であってもリピーターに対してのみ案内している取引方法があるので、繰り返しモバイルチェンジを利用する顧客からの支持が厚くなります。

モバイルチェンジ
公式サイトをチェックする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です