クレジットーカード現金化の仕組みとは?現金を手にする方法を解説

クレジットカード現金化の仕組みの画像

現金が早急に必要な人はクレジットカードの現金化を検討してはいかがでしょう。

クレジットカードの現金化はすぐにお金を得ることができるからです。

ただし利用するには注意が必要。クレジットカード現金化の方法についてまとめています。

まずはクレジットカード現金化とは「どのような仕組みなのか」内容を紹介していきます。

クレジットカード現金化の仕組みとは!ショッピング枠での現金化

クレジットカードに備わっている「ショッピング枠」を利用して現金を得る方法です。

クレジットカードで購入した商品を、買取業者などに売却して換金することを現金化といいます。

キャッシング枠とショッピング枠の違い

クレジットカードには「ショッピング枠」以外に「キャッシング枠」も備えられていて、クレジットカード申込時にそれぞれの利用上限額を設けて審査を行います。

「ショッピング枠」の中に「キャシング枠」があると考えてください。
金額でたとえて説明すると、「ショッピング枠上限額80万円・キャッシング枠上限額30万円」のクレジットカードで、「キャッシング枠30万円使用」すると、ショッピング枠の上限額から利用したキャッシング枠30万円を差し引いた50万円がショッピング枠の上限額となります。

「キャッシング枠」とは、直接カード会社からキャッシング枠の上限額まで借りられるシステム。どのATMからでも現金の引き出し可能です。

「ショッピング枠」とは、クレジットカードで買い物できる限度額のこと。
商品やサービスを購入するときに利用できますが、カード会社から直接現金を借りることはできません。

2つの特徴を比較すると「現金が欲しいならキャッシング枠を利用すればいいのでは?」と思いませんか。

たしかにキャッシング枠を利用することで、すぐに現金は得られますが、金利が18%と高く返済遅延のリスクが大きいので注意が必要です。

一方ショッピング枠で支払いをしても、利息などは発生せずに利用した金額のみ支払うことになります。
現金化するなら、キャッシング枠よりもショッピング枠を利用したほうが返済する金額は少ないといえるでしょう。

それでは次に、ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化の方法をみていきましょう。

クレジットカード現金化の方法を4つ紹介

クレジットカードの現金化は大きく分けて
「キャッシュバック方式」
「買取方式」があります。

上記2つの方式から、さらに細かく分けると4つ。
それぞれの方式を紹介していきましょう。

1.キャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、現金化業者が販売する商品をクレジットカードで購入。その後、商品購入時の金額を現金化業者から現金で受取る方法です。

キャッシュバック方式の現金化の流れ
現金化業者のホームページから申込み
その後本人確認と申込み内容の確認。電話番号などを用意しておく必要があります。
申込みの確認を終えれば、ネットショップで業者指定の商品を、クレジットカードを利用して購入。

現金化業者が決済を確認した後、キャッシュバック分の現金が銀行口座に振込まれる。

後日、購入した商品が住所宛に届けられます。
ちなみに、キャッシュバック現金の際に購入する商品は100円ショップで売られているような商品が多いようです。購入商品が不要でも必ず受け取りましょう。

キャッシュバックを行うメリット
オンラインで現金化の手続きができる
商品を自分で購入する必要がない
すぐに現金化できること

早く現金化をしたい人にはおすすの方式です。

2.直接購入方式

直接購入方式とは、現行貨幣をクレジットカード決済で購入すること。
現金をクレジットカードのショッピング枠で購入するので、直接現金を得ることが可能です。

ショッピング枠を現金化する際、たとえば1,000円を購入して1,000円のクレジットカード決済を行うなら、電子マネーのチャージと同じ考えなので、法律上は問題ありません。
けれど現金化業者にとっては、カード決済手数料の分だけ赤字になるので、業者側のメリットはないことになります。

ただし直接購入による現金化は、暗号通貨取引として金融庁から指摘が入る出資法違反として業者が摘発される対象になっています。業者側のリスクが大きいため、直接購入による現金化を行う業者はかなり少ないです。

直接購入による現金化方式は海外であれば法律上に問題なく普通に行われることもありますが、日本では法律違反になる可能性が高いため、直接方式の現金化は行うことができないと考えておくのがいいです。

3.買取方式

クレジットカードを現金化するときに買取方式を利用することができます。買取方式はクレジットカードで購入した商品を現金化業者に買取してもらうことです。クレジットカード現金化の方法としてはシンプルな方法なので、多くの業者が採用している方式です。

現金化のときに買取方式を利用するなら、まずは現金化業者に申込みを行います。実店舗の場合はその店舗に来店することで申込みが行え、ネットの場合は公式サイトから申込みをししましょう。

申込みを行うと換金率が提示されているので、換金率を見ながら利用額を決定します。たとえば換金率が80%であれば1万円の決済をした場合、手元に残るのは8,000円です。

値段に合わせた商品が業者から指定されるので、その商品をクレジットカード決済で購入します。購入する商品としてはたとえば、家電やAmazonギフト券などがあります。

購入した商品を実店舗の場合は、そのまま現金化業者に持ち込み、買取をしてもらうことが可能です。ネットの場合は郵送で送られてくる商品を郵便で送り返したり、ネット上で取引をすることで完了となることが多いです。

買取してもらえれば換金率に応じた金額が振込まれます。

ただ、買取方式を利用するときはその業者が三店方式を利用しているのか確認しましょう。三店方式は買取業者と商品の購入業者が分かれていることです。三店方式ならば法律上は問題ないため、違法なサービスに引っかかる可能性も低く、優良業者であると言えます。

4.買戻方式

買取方式と似ている部分が多い買戻方式ですが、方法論が少し違うため違いを理解しておくことも大事です。

買戻方式とは、現金化業者が先に予定していた店舗やショップなどで、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入する必要があります。
ここまでは買取方式と同じですが、この商品に買戻しや返品オプションが付いており、後々購入した商品を業者に返品するという名目で買戻ししてもらうことにより、現金化を実現します。

商品を購入した後に返品する形を取って、現金化業者が商品を買取り返金して現金化する仕組みになっています。

買戻方式の形式上、商品は一時的に自分の手元に残ることになります。その後業者が買戻すので商品が手元に残ることはありません。

買戻方式で現金化をすることもできますが、注意点もあります。買戻方式は商品を返品して利用者に返金をするため、業者の信頼度が大事になることです。1度商品を自分の手元に置いてから返品するため、しっかり業者がその後返金に応じてくれなければ現金化することができません。

悪徳業者であれば返品した後に連絡がつかなくなり、そのままお金まで持ち逃げされることがあるので、業者選びが大事です。

また、買戻方式は返品という手間がかかるので、現金化するには時間をかなり要するので、早く現金化をしたい人には向きません。

買戻方式は、業者選びや返品など手間がかかる部分が多いです。そのため現金化で利用するのは難しい方法といえるでしょう。

キャッシュバックと買取方式|現金化するならどっちが安全?

現金化をするときにキャッシュバック方式と買取方式どちらか安全なのか気になる人もいるでしょう。現金化するときの選択としてはそれぞれのメリットとデメリットを理解することが大事です。メリットとデメリットを知ることで自分の条件に合う方法がわかります。以下の内容をご覧ください。
   

キャッシュバックのメリット

  ・商品を用意する必要がない
  ・オンライン上なので手間がかからない
  ・リスクが低い
 
キャッシュバックの場合は商品を業者に返すことは必要なく、手続きはすべてオンラインで行えるので、現金化まで最短30分で行うことが可能です。

転売する方式でもないのでクレジットカードの利用停止のリスクも低いです。

キャッシュバックのデメリットや注意点

  ・換金率が低い場合がある
  ・業者の見極めが必要

キャッシュバックの場合、換金率が低く設定されていることがあり、またキャッシュバックを採用した業者が不正を行って逮捕された事例もあるので、業者の見極めが必要です。

キャッシュバック方式を行うなら、業者の口コミを確認して信頼性の高い業者を選ぶようにしましょう。

商品買取方式のメリット

  ・高換金率が可能
  ・安全性が高い
  ・仕組みがわかりやすい

商品買取方式は換金率が90%を超えている業者も多く、商品購入の後の買取なので現金化の安全性も高いです。

仕組みもシンプルなため、はじめて現金化をするときは商品買取方式がいいでしょう。

商品買取方式のデメリットや注意点

  ・手間がかかる
  ・金額に限度がある

商品購入や買取など作業数が多いので手間がかかり即金は難しいです。また、大体10万円までの現金化なので高額での現金化は行えません。

さらに詳しく知りたい人は以下のリンクをご覧ください。

クレジットカード現金化に関する気になるQ&A

現金化のよくある質問について答えましょう。

クレジットカード現金化は誰でもできるの?

自分名義のクレジットカードを持っている人であれば、現金化できます。

20歳以上の方なら問題ありません。

クレジットカード現金化は儲かるの?

業者の換金率によって現金化で得られる金額は違います。

クレジットカード現金化は家族や会社にバレたりする?

現金化は電話による催促や確認などはないので、業者を通してバレることはありません

クレジットカード現金化は違法なの?

クレジットカード現金化は違法ではありません。

 

クレジットカード現金化を安全にできる方法はある?

安全に行うためには業者の選び方と現金化の金額がポイントです。本人の裁量によって安全性は変わってきます。

【まとめ】クレジットカード現金化はすぐに現金が必要ときに使えるシステム

クレジットカードの現金化はすぐに現金が欲しいときに利用できます。いろいろな方法で行えますが、それぞれにリスクもあります。現金化のメリットとデメリットを考慮して安全に現金化できるように計画しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です