【クレジットカード現金化の流れ】利用方法・お手続き・注意点をわかりやすく解説

クレカ現金化の流れ・手順・利用方法のアイキャッチ画像

急な資金の必要なのでお金を直ぐに得たい場合、いろいろな金策を行うことになります。いろいろな金策の中ではクレジットカードの現金化もその1つです。

クレジットカードの現金化は直ぐにお金に変えることが可能なので、現金化を考えるかもしれませんが、利用するときは手続きの方法や注意点を理解しておくことが大事です。クレジットカード現金化の方法を理解しておきましょう。

知識もないままクレジットカードの現金化を行うと、後悔する結果になることがあります。クレジットカードの現金化を行うときに、どのような点を理解しておくことができるのか紹介しましょう。

【前提として】現金化を利用する前に確認しておくべきこと3選

  • 1.自分名義のクレジットカードを持っておくこと
  • 2.ショッピング枠の残高があること
  • 3.本人確認の提示

それぞれの内容について詳しく紹介していきましょう。

自分名義のクレジットカードを持っていないと利用できない

クレジットカードカードの現金化を行うときは、自分名義のクレジットカードを持っておくことが大事です。

クレジットカードはその人に財力があることを示す1つの証明なので、名義人の力が強くなります。

ただ、学生や主婦の人などは家族カードとして父親や配偶者がクレジットカードの名義人になっている場合もあるでしょう。

もし、クレジットカードの名義人が自分以外の家族や他人名義であれば、業者を利用して現金化するときに敬遠されることが多いです。

理由としては家族や他人名義では現金化したときにカード名義人に現金化がバレてトラブルになりやすいからです。もし、家族カードしか持っていないなら、自分で現金化をするようにしましょう。

ショッピング枠の残高がないと利用できない

クレジットカードの現金化を行うときはショッピング枠を使用するため、ショッピング枠の残高がないと利用できません。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、こキャッシング枠はお金をカード会社から直接借りるための枠です。

一方ショッピング枠は買い物で商品を購入するときのみお金を借りることのできる枠であり、制限内容に違いがあります。

ショッピング枠の残高はカード会社に連絡すること、またサイトのマイページにログインすることで確認できます。利用する前に残高の確認を行いましょう。

本人確認の提示をしないと利用できない

クレジットカードの現金化を業者を利用して行うなら、本人確認の提示が求められます。業者は現金化による詐欺などのトラブルを防ぐために本人確認は必ず行っており、この手順を現金化前に行う業者は優良店です。

本人確認は身分証明書として免許証などで問題ありません。免許証がないなら保険証など信用情報を確認できるものであれば写真不要なので、現金化を行うときは身分証明のできる物を持参してきましょう。

現金化を行うときには自分名義のクレジットカード、ショッピング枠の残高確認、身分証明書の持参が大事。業者を利用して現金化するときは覚えておこう。
 

クレジットカード現金化の基本的な流れ・仕組み

前提として、クレジットカードの現金化を行う方法は2つあります。

自分で行う方法

業者を使う方法

※業者を使って現金化を行う場合は、以下2つの方法があります。

①商品買取
②キャッシュバック

各ステップによって注意点やポイントもあるため、各ステップについてさらに詳しく紹介していきましょう。

【業者使わずに自分で現金化する場合】手順~ 現金が届くまでの流れ

STEP.1
カード決済で商品購入

自分で現金化を行うときは、電化製品やバッグ、靴、金券などクレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入します。クレジットカードを使って通常通りお買い物するイメージです。

STEP.2
商品を換金

クレジットカードで購入した商品を換金します。
換金するためには業者に売却する必要があり、質屋などの買取業者で買取してもらうことができます。

STEP.3
現金化完了

商品を換金できれば現金化は完了です。
自分で現金化はとても気軽で早く行うことができます。

STEP.4
返済

ショッピング枠で利用した金額は期日までに返済する必要があります。
返済計画もしっかり考えて利用金額を考えましょう。

自分で現金化はとにかく早く現金化が行えるのがポイント。ただ、購入する商品や現金化するお店などの目利きが大事になります。

【現金化業者を使う場合】申込み手順~ 現金が届くまでの流れ

商品買い取式の流れ

STEP.1
現金化業者を決める

現金化業者にはいろいろな特徴があります。
例えば、即日現金振込や還元率が90%、運営